HOME保護者の方へ校長室から
このページのトップへ

平成29年度版 校長室だより 

第1号第2号第3号第4号第5号第6号第7号第8号第9号第10号第11号第12号第13号第14号第15号第16号第17号

平成27年度版 学校だより 「そよげ風」 第2号より

地域の思いに支えられて

                         校長 高原明広

 新学期は、子どもたちにとって新しい出会いの時であり、様々な環境の変化の時だと言えます。

 しかしその一方で、年度は変わっても変わることのないものがあります。それは、子どもたちの登下校を毎日見守ってくださる地域の方々の温かいまなざしです。その見守りや付き添いは、雨の日も風の日も、決して途切れることなく日々繰り返されるかけがえのない光景となっています。

 先日、交通指導に立っていらっしゃった保護者の方で、慣れない一年生を心配してずっと後ろからついてきてくださった方がいらっしゃいました。また、一人で泣きじゃくっている様子を見て、逆方向にもかかわらず一年生の小さな手を引いて、わざわざ学校まで一緒に歩いてくださった方もいらっしゃいました。

 毎月第2水曜日の朝7時半近くになると、学校の玄関前がお父さん方の姿で賑わいます。おやじの会の方々が挨拶運動に集まってくださるからです。

 学習の支援をしてくださる方々もいらっしゃいます。定期的に読み聞かせをしていただく図書ボランティアの方々や児童の支援にあたってくださる路傍塾の方々がそうです。

 その一つ一つには、地域の方や保護者の方の共通の思いがあります。子どもたちは地域の宝であり、子どもたちの健やかな成長のために自分たちができることにしっかりと取り組んでいこうという思いです。その思いは、決して一人の子どもや我が子のみに向けられているのではなく、すべての子どもたちに向けられた、かけがえのない小郡小学校の宝物であると感じています。そして、学校はその温かい思いや期待にしっかりと応えていかなければと感じています。

 すでにご存知のとおり、本校をはじめ山口市内のすべての小中学校は、山口市からコミュニティスクールの指定を受けています。コミュニティスクールとは、市教委から任命された保護者や地域の代表の方々が、一定の権限と責任をもって学校運営の基本方針を承認したり、教育活動について意見を述べたりすることを通じて、地域や保護者の思いや願いを学校経営に生かしていこうとするものです。そのために、学校運営協議会を設置し、学校・家庭・地域が一体となった教育の推進に

 ついて協議を深め実践に移すことができるよう努めています。
 子どもにとって、地域はまさに学びの場であり、成長の場です。そんな地域の思いに支えられ、地域とともに歩む学校でありたいと願っています。

 本年度もどうぞよろしくお願いします。
このページのトップへ

平成27年度版 学校だより 「そよげ風」 第1号より

地域の思いに支えられて

                        校長 高原明広

  平成27年度のスタートにあたり
 
一年生にとって入学式の翌日の登校が、自分の力で登校する初めての機会となります。記念すべき今年のその日は、
あいにくのまとまった雨となってしまいました。真新しいランドセルが濡れはしないか、かさを飛ばされはしないか、
服が濡れて寒くはないかと案じておりましたが、そんな心配を吹き飛ばすかのように、大きなランドセルを背負い、
元気に登校してくる姿を見てとても頼もしく感じた初日でした。平成27年度は、そんな元気いっぱいの一年生75名
と18名の転入生を迎え、学級数19、全校児童数448名、142年目の新たな船出となりました。

さて、新しく本校に着任した教職員と子どもたちとの出会いの場となる新任式の時のことです。ステージに上がり
あいさつに立った一人目の職員が、あいさつの最後に「よろしくお願いします。」と述べたところ、それまで静かに
聞き入っていた子どもたちからも一斉に、「よろしくお願いします」と大きな返事が返ってきたのです。
そのやりとりは、12名の着任した教職員が、あいさつの最後にその言葉を繰り返すたびに、途中で終わることもなく
ずっと続けられていきました。誰かに強いられた訳でもなく、それこそ子どもたちの口から自然と発せられ繰り返される「よろしくお願いします」の響きに、思わず聞き入ってしまいました。その光景を目の当たりにしながら、小郡小の子どもたちの良さをまた一つ発見したように感じ、とても心が温まる思いがしました。

子どもたちは、家庭や地域の風土の中で育まれてきた、その地域独自の良さというものをもっているように思います。それは、また小郡小学校の良さでもあります。 この一年、『小郡小の良さを大切にしつつ、温かさときめ細やかな教育実践』をスローガンに掲げ、家庭や地域との連携をもとに、子どもたち一人ひとりのより確かな成長をめざして、全職員一丸となって小郡小教育に取り組んでまいります。

様々な出会いとともにスタートした27年度、今、子どもたちはこの一年をどんな一年にしようか、目を輝かせ、いろいろな思いを巡らせています。まずは、その様々な思いをしっかりと受け止め、より確かなものへと高めていくことから始めたいと考えています。

保護者の皆様、地域の皆様のご支援とご協力をよろしくお願いします。。
このページのトップへ

平成26年度 現校長先生の着任時あいさつ

着任当初の校長先生のあいさつは、こちら に掲載されています。

SIDE MENU

このページのトップへ