校長の増野(ますの)淳一です。
 良城小学校に赴任して3年目を迎え、改めてご挨拶申し上げ
ます。

 本校に着任して以来、良城小の子ども達の素直さ、真面目さ、
笑顔、挨拶の素晴らしさ等に感動しながら2年間を過ごしました。これまでの伝統の素晴らしさは、児童の行動だけでなく、それを支えている日常の指導を「良城しぐさ」として再認識し、本校の宝として継承しています。
 表題にある学校経営の合い言葉である「楽しくてたまらない」学校とは、単に楽しいだけの学校ではなく、内面からあふれ出す本物の楽しさを感じる学校であり、子ども・先生・保護者・地域の方々みんなが、自分の夢・願いをもち、その実現に向けて前向きに取り組む学校です。
 そのような学校を目指すべく、昨年度、本校の学校教育目標を改訂いたしました。「ふるさと吉敷を愛し、あたたかい言葉で支え合いながら、進んで学び、人と学び、大切な心と体を自ら守る児童を家庭・地域とともに育成する」と長い目標となりましたが、本校の課題解決に向けた学校教育の具体的な方向性を示した目標としています。
 昨年度は、職員の仕事の分担(校務分掌)を、この目標に合わせ、徳知体の3プロジェクト化し、目標の達成を目指し、重点的に取り組んできました。
 また、家庭や地域との目標の共有化も進め、少しずつではありますが一体となった取組も進んできました。中でも、吉敷地域の皆様との連携は、地域づくり協議会を始めとする各分野の方々の学校支援の機運とともに、学校を核とした地域づくりへの期待も高まっていると強く感じています。
 今後とも、良城だからこそできる、良城だからこそしなくてはならない「良城(吉敷)だからこその教育」を一層進めてまいります。そして、学校(児童・職員)だけでなく、保護者の皆様、地域の皆様方みんなで、「もっともっと楽しくてたまらない良城小学校」を創っていきたいと思いますので、引き続き、ご理解とお力添えを頂きますようどうぞお願いいたします。
 
  平成31年4月
                                山口市立良城小学校
                                   校長  増野 淳一 

 


んなで創る 楽しくてたまらない 良城小学校

TOPへ
校長室TOPへ
校長挨拶

みんなで創る「もっともっと楽しくて
           たまらない」良城小学校