良城小コミュニティ・スクール

ホタルの採集(5月)

取材を受けるホタル委員会

ホタルの放流(9月)

 総合的な学習の時間(「共に生きる」)に「悠々苑」を訪問しました。踊りや歌を披露したり、いっしょにゲームをしたりして交流しました。この日のために、4年生の各クラスが、一生懸命練習を重ねてきました。
 苑のお年寄りには、とても喜んでいただきました。自分たちの孫の
ように接してくださいました。また、学校に帰るとき、姿が見えなくなる
まで見送っていただきました。

○ぼくは、悠々苑に行って、分かったたことがあります。おじいちゃん、おばあちゃんに出会ったら、自然にやさしい気持ちになるということです。元気そうでしぐさがとても可愛く見えきました。歌を歌っていると、手をふってくれるおばあちゃんがいて、きんちょうせずに歌えました。
 ゲームのときは、おばあちゃんがイスを半分ゆずってくれたので、いっしょにすわりました。そして、「ふるさと」と「夕やけ小やけ」をみんなで歌いました。
 帰るときに、小物をもらいました。とてもうれしかったです。この小物は宝物にします。

○ 吉敷ふれあい給食への手紙

○ 良城小合唱団による地域行事への参加
  …赤田神社祭り ・吉敷ふるさと祭り ・

福祉施設「悠々苑」への慰問



○ホタルの飼育・放流…ほたる委員会

コミュニティ・スクール
学校支援
学校運営
地域貢献
山口ゆめ花博1年前イベント

ホタル委員会による
ホタルの世話

ハートホーム納涼祭

良城小TOPページへ戻る

気合いを入れて、演技や演奏をしました

別れを惜しみました

ホタルの放流式典(9月)

吉敷ふるさと祭り

あいじえんまつり

やまぐち子育て連盟総会

心を込めて手紙を書き、色をぬりました

肩をたたいたり、握手したりしてふれあいました

お礼の寄せ書き

 9月6日(水)に吉敷地域交流センターで、吉敷地区地域づくり協議会主催による「ホタル放流の集い」が行われました。式典では、ホタル委員会の活動報告、ホタル俳句の表彰などが行われ、式典後、良城橋付近の吉敷川に約1万7千匹の幼虫を放流しました。
 この日に備え、「ホタル委員会」の児童が5月30日に成虫を取り、卵を産ませ、幼虫に育つまで人工飼育を行いました。地域の自然や環境美化に貢献するホタルのお世話を誇りをもって、地道に取り組んでいます。来年の夏も、大きく育ったホタルが、吉敷川を乱舞してくれることでしょう。

 この日の放流式の様子は、ニュースで放映されました。。

4年生による福祉施設「悠々苑」への慰問

ホタルの飼育・放流

良城小合唱団による地域行事への参加

地域貢献

吉敷ふれあい給食への手紙を書く

CONTENTS

赤田神社祭り