今年度の運動会は、9月19日(月)に行われました。悪天候のため、1日順延となりました。当日も、不安定な天候ながら、プログラムの変更などを行い、降雨の前に運動会を終えることができました。
   
    前日からの降雨のため、朝早くから保護者の皆様のご協力により、運動会の準備を整えることができました。所々地面がゆるい場所も見られましたが、運動会を成功させようと、子どもたちは、これまでの練習の成果をはっきしようと、一生懸命です。
   
 1日順延になりましたが、運動会が始まりました。1年生のすばらしいあいさつ、全校の赤組・白組も大きな声であいさつを交わしました。 
   
 競技が始まりました。白組・赤組の応援団が、今年の運動会を盛り上げようと、早速テントの前に出て、運動会を盛り上げます。 
   
   
 1年生の「かけっこ」が始まりました。走る前に、先生から名前を呼んでもらいます。呼ばれた1年生は、大きな声で、「ハイ!」と返事をし、1等賞になろうと、意欲をみせました。 
   
 下学年で力を合わせて競う競技は、「大玉ころがし」です。赤組も白組も4人で力を合わせて、大きな玉を転がそうと、意欲満々です。ポイントを回って、最後にタイヤの上に乗せるまでが大変な競技です。さあ、どちらが勝つのでしょう。
 前日までの雨で、運動場がかなりすべりやすくなっています。真っ白だった白の大玉も、運動場の砂がついて、ざらざらです。  赤組も、早く先に進みたいようですが、大玉が大きいので、前が見えません。自分たちが、勝っているのか、負けているのかも分かりません。
 担任の先生は、大きな玉にはさまれて、全身砂だらけです。雨も降ってきて、白熱した競技になりました。
 下学年は、「おどるぽんぽこりん」の曲に合わせて、ダンスを発表しました。バリ島の民族衣装のようなみのを身に付けて、楽しくく踊りました。
 ダンスの途中で、学年ごとの円を作り、学年ごとにおどりのパフォーマンスがありました。どの学年も、仲がいいので、みんなで息の合ったダンスが発表できました。
  
    4・5・6年生による騎馬戦が始まりました。中央小学校を支える高学年の競技です。お互いの組みが運動会の優勝を目指して、力を合わせて戦います。大迫力の騎馬戦になりました。
   
 1回戦は、男女別の総力戦。2回戦は、一騎打戦。3回戦は、勝ち抜き戦で行われ、それぞれの勝ち残った騎馬の数で勝敗を決めます。  赤組も白組も、上学年のプライドをかけて、戦いました。結果、今年の騎馬戦は、白組が勝つことができました。
   
   
   運動会の上学年の華、組体操です。今年の上学年は、「キセキ」の曲に合わせて、組体操を行いました。
 明け方の雨のため、運動場はかなりの水分を含んでいましたが、4・5・6年生のみんなは、これまでの練習の成果を出そうと、体操服を真っ黒にしながらも、組体操に挑戦しました。
 
 組体操の最後には、中央小学校の裏にある「要害岳」中央小学校の「校舎」、学校の前にある「徳地体育館」を組み上げ、下学年のみなさんにも手伝ってもらって、運動場で楽しく遊んでいる様子を発表しました。
組体操の後は、中央小学校恒例の、上学年のみんなによる「ソーラン節」です。今年から発表に加わる4年生も参加しての、演技です。小雨の中、エネルギッシュに踊り、運動会をわかせました。
 それぞれの子どもたちが、手製の法被を着て、今年の運動会を盛り上げようとの熱演です。
 小雨が降ってくることもあった今年の運動会でした。雨がひどくなりそうなので、午後のプログラムも引き続き行い、運動会のプログラムを終えることができました。PTA競技、全校競技など、一部のプログラムを省略しての運動会となりましたが、閉会式まで行うことができました。
 赤組も白組も精一杯の力を出して、競技に参加しましたが、今年の運動会は、赤組の勝ちとなりました。天候が気になり、秋晴れのもとでの運動会とはなりませんでしたが、それぞれの子どもたちが力を出し切った運動会となりました。