12月5日(日)、この1年間、中央小学校の活動にご協力いただいた徳地地区のみなさんを、学校にお招きし、感謝祭をおこないました。毎日の登校を見守っていただいている見回り隊のみなさん、図書ボランティアで読み聞かせをしていただいている「おいしいおかゆの会」のみなさん、その他、各学年で学習を支えていただいた方々にご来校いただき、感謝の気持ちを伝えました。
 全校のみんなが、体育館に集まり、たてわり班での準備をおこないました。参加していただいた方が多かったので、準備も大がかりです。まずは、おもちをこねる班、つく班に分かれました。
 もちつき班は、体育館の外でもちをつきます。PTAの方のお世話で、杵と木臼を準備していただき、班のみんなでもちをつきました。つかいなれていない杵なので、なかなか力が入りません。
 地域の方から「だいがら」もお借りすることができました。昔の人たちの苦労を感じることができ、大きな経験になりました。
 もちをつく班がついたもちを、体育館で待っていたもう半分の班がもちを丸めました。とてもあたたかく、やわらかいおもちで、みんな楽しく形を整えていくことができました。
 おもちの準備ができると、服装を整え、学年ごとに感謝の言葉を伝えました。各学年で、総合的な学習の時間、社会、国語などの時間にお世話になった地域の方へ、感謝の気持ちを表しました。
 感謝の言葉の後は、地域の方を交えてのゲームもおこないました。
 会の最後には、つきたてのおもちをいれたぜんざいをいただきました。地域の方も交えての会食で、日頃お世話になっている感謝の気持ちを表したり、地域の楽しい話などをしてすごしました。